ブログ

簡単ツボ押しで花粉症対策! 花粉症のつらい症状にオススメ!

名古屋市東部エリアで電気を流す美容鍼専門の鍼灸院
フラット鍼灸院の山田修平です。

2月も残りわずか、ですが例年ならもう少し寒いはず。
なのに今年はすでに今日なんかは半そででも日中は過ごせたかも、
というくらいに暖かかったですね。

ただ、暖かくなると厄介なのが花粉!
「花粉症」の方からしてみると暖かいのはうれしい!
でも、花粉が飛び出すのが・・・つらい!

何とも悩ましいですね。

鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどなど

花粉症の症状って自律神経をかなり乱します。

睡眠不足や、肩こり腰痛、頭痛や肌荒れなども併発。

最近は花うがい専用の溶液が販売されていてそれをすると
ちょっとすっきりするようです。

ただ、花粉は毎日飛ぶのでしばらくは我慢しなければ・・・。

辛くて嫌だな~という気持ちを少しでも和らげるべくセルフケアをご紹介!


ここだけの話、花粉症には有効とされているツボがあります。

気軽にいつでも押せるツボなので空いた時間を見つけては押してみては?
ちょっとでも症状の緩和になれば幸いです。

花粉症やアレルギー反応の原因とメカニズムは??

そもそも、多くの方が苦しむ花粉症のメカニズムってご存知ですか?

簡単にご説明しますね♪


まず、花粉が目や鼻の粘膜に侵入してきます。
人の身体は、異物(この場合花粉)が入ってくるとそれを受けれいるかどうか反応します。

花粉症の場合は受け入れてはいけない、排除すべきものなので
体内のリンパ球が花粉を侵入者と認識してリンパ球がIgE抗体というものをつくり
次々に侵入してくる花粉に備えます。

再び花粉が侵入してきたときにIgE抗体からヒスタミンという化学物質が分泌されます。

それによって引き起こされるのが

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・涙などの原因です。

鼻水や涙が出るのは嫌だな~と感じている方がほとんどだと思いますが、
実は身体が必死に花粉と戦っている証拠なんです!

これが花粉症が起こっている一連の流れ。

ただ、異物と戦った結果、自分の身体も傷つけてしまうこともあります。

くしゃみや鼻水をはじめとして湿疹・かゆみが起こって身体を気ず付けてしまうこと。
これを一般的にアレルギー反応と呼びます。


皮膚が痒くて痒くて掻きむしって傷になってしまうのもアレルギー反応の一種。

花粉症でない方は花粉を侵入者(異物)と判断しません。

また、スギ・ヒノキ・イネなど様々な花粉がありますが、すべての花粉に反応するわけではありません。

異物、侵入者!と反応、認識するのは人によって違います。

だから、スギ花粉の時期は大丈夫だけど、ヒノキが飛び出すとだめだ~とか、
春は大丈夫だけど秋はだめだ~という方がいるんですね。


花粉症(鼻水)にはこのツボがおススメ!

当店では、「中渚」というツボをオススメしています。
リンパと深くかかわるこのツボは花の症状に対して効果が期待できます。


中渚ってどこにあるの?    

このツボは手の甲にあります。
↓↓実際の位置はこちら↓↓  金の粒が貼ってある場所が中渚です。



ではツボの探し方です。

こぶしをグーにしましょう。
グーにすると薬指と小指の付け根にボコッと出っ張った骨が現れます。
その出てきた骨と骨の間の隙間で、手首の方に2センチくらい向かったところの
凹んだ場所が中渚です。



押さえる反対の手で親指と人差し指、もしくは中指を使って挟むようにして押さえます。
反対側の手、親指と中指をつかって、はさむように押さえます。



押さえると
「ズ~ン」
と軽く響くような感覚があったらうまく押さえれているサインです!
やることはこれだけです。


すぐに鼻の通りが良くなった!という方も中にはいらっしゃいますよ。

眠くなるから薬を飲みたくない!そんなタイミングでぜひ押してみましょう!
もちろん、まめに押すのがポイントです。

体調が弱った時ほど症状が強く出るもの。
免疫力を高めてあげることが症状の緩和にもつながります。


身体は体温が下がると免疫力が低下します。
具体的に言えば、1度体温が下がると30%免疫力が低下すると言われています。

これからは日中暖かい日が出てきて、でも朝晩は寒い。
その寒暖差で体温も下がりやすいので、まだまだ油断せずに身体を温めて
免疫力を高める取り組みも忘れないように気を付けましょう!!

花粉症による目のかゆみにはクレイアイパックがオススメ!
詳しくはこちらからご覧くださいませ♪

クレイに関するご相談・お問い合わせはLINEが便利です。
LINEで当店を友だち追加していただきトークメッセージで
メッセージを送っていただければやり取りができるようになります。

友だち追加
 

追加後にお名前とメッセージを入れていただけるとどなたからのメッセージか
わかりますので、よろしくお願いします!



過去の記事

全て見る