ブログ

「日傘男子」にもオススメ!エイジングケア方法 

日本テレビ系の朝の情報番組「スッキリ!」内で「日傘」が紹介されていました。



もちろん、ここ数日の暑さ故のことではありますが日傘を使うのと使わないのでは大きな違いがあるようです。

外気温が30度を超えると、直射日光を浴びる頭は日傘無しだとサーモグラフィー画像で見ると40度を超えるようです。
やはり、頭は黒い髪の毛があるので身体の中でも特に暑くなりやすいパーツなのでしょうね。

で、対称的に日傘を使うとどうか。
もちろん、日傘の表面温度は上がるものの頭の温度は20~30度台前半に!
頭の温度が違うだけでスッキリの阿部リポーター曰く随分と涼しく感じる!とのことでした。



熱中症対策に
日傘はもはや男性にとってのマストアイテム?
になりつつあるのかもしれませんね。

加えていうなら、これから夏に向かうわけですが、
夏は1年の中で最も紫外線が多い季節です。

紫外線をたくさん浴びると、メラニン色素が大量に発生します。
メラニン=悪者
なイメージがありますが、メラニンは紫外線から肌を守るのに大事な働きをしてくれています。

ただ、紫外線を浴びすぎると、大量に発生したメラニンが体外に排出(垢となってはがれる)されにくくなります。

そうして皮膚内に残ったメラニン色素が時間の経過とともに「シミ」になります。

さらに!紫外線を浴び過ぎるとコラーゲンが破壊されます。
コラーゲンの破壊が何を意味するか??

コラーゲンの破壊は肌の弾力消失を意味します。
弾力がなくなることでたるみができやすくなるので浴び過ぎには注意が必要です。

▣ まとめ

日焼け止めを使ってケアするか、しないかがこれから先の
あなたの肌の状態
につながります。




適切な紫外線対策をすることは暑い夏場の熱中症対策にもこれから長く若々しいお肌を保つためにもとても大事です!
まずは日焼け止めを使うところから始めてみましょう!
そして、できるなら日傘を使う!
です!

まずはできる実践をコツコツ始めましょう!

【併せて読みたい肌ケア関連記事】


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

シミ・しわ・たるみが気になるそんな方には
美容鍼がオススメです!!
肌質改善・リフトアップしたい!
そんな方、気軽にご相談ください♪

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

この記事を書いた人
院長:山田 修平
当院では、美容の前にまず健康で調子よい身体であることを第一に考えた施術を心がけています。不調を少しでも軽く、そして自分でケアしていく方法もお伝えしています。
美容鍼だけでなく、身体のことでお困りの時は気軽にご相談ください。

過去の記事

全て見る